アトム刑事弁護24時間ホットライン 0120-631-276 法律相談24時間受付無料 無料相談あり 詳しくはこちら

名古屋の刑事事件 弁護士 お悩み解決プラン

このページはこのような方を対象としています。

  • 地下鉄東山線で通勤途中に痴漢をしたとして、上社駅で逮捕されました。現在、名古屋市名東区猪高台にある名東警察署に留置されています。身に覚えがないのですが、刑事は私がやったんだろう、嘘をつくんじゃないと怒鳴ってきます。このまま自分の言い分を貫けるか不安です。
  • 地下鉄名城線黒川駅近くのスーパーで万引きをしたのがばれてしまい、名古屋市北区田幡二丁目15番18号にある北警察署で取調べを受け、今度また呼び出されています。警察は余罪があるのではないかと疑っているようです。次回の取調べでなんと答えればいいか不安です。
  • 地下鉄鶴舞線川名駅付近の交差点で交通事故を起こしてしまいました。名古屋市昭和区広路通にある昭和警察署で取調べを受け、実況見分をしましたが、どちらも私の言い分を反映してくれませんでした。事故を起こした立場なので強く言えませんでしたが、今後が不安です。

相談「警察対応して欲しい」

  
警察から呼び出された・家宅捜索がきた → アトムに頼んで円満解決

名古屋・愛知の刑事事件でもご安心ください。アトム名古屋の弁護士なら、愛知県警察など警察の不当な捜査を抑止する活動を行います。

名古屋・愛知の刑事事件でアトム名古屋にご相談にみえたご依頼者様の中には、「最初は別の法律事務所に相談に行ったが、『事件になってからもう一度相談に来てください。』と追い返された。事件になるか不安だから相談しているのに、こちらの気持ちが分かっていない。」という方も少なくありません。

実際は、犯罪の捜査は水面下で行われるため、岡崎市の岡崎警察などの警察が家にやって来るのは突然です。ご依頼者様が名古屋・愛知の刑事事件の犯罪に無関係な場合でも、知らない間に容疑をかけられ、犯罪の捜査の対象とされてしまう場合があるのです。
アトム名古屋の弁護士が名古屋・愛知の刑事事件を受任した場合は、このような岡崎市の岡崎警察などの警察の突然の捜査に対しても、警察の捜査活動に対する防御方法をレクチャーしたり、警察の捜査方法に抗議を申し入れていくことで、ご依頼者様の利益を実現します。

名古屋・愛知の刑事事件の警察対応のポイント

名古屋・愛知の刑事事件で、豊田市の豊田警察など警察による逮捕前の段階でも、逮捕後でも、できるだけ早い段階でアトム名古屋の弁護士を選任しておくことで、過当な捜査をけん制することができます。豊田市の豊田警察など警察から呼び出しがあった場合は、事前に事件の内容を十分に把握しているアトム名古屋の弁護士に相談し、取り調べに臨んでください。

  • 事前に名古屋・愛知の刑事事件の内容を把握し、将来の捜査に備える。
    名古屋・愛知の刑事事件が起こってから豊田市の足助警察などの警察が動くまでの時間に、弁護士が事件の内容を十分に把握できれば、将来の捜査に柔軟に対応することができます。逮捕はもちろん、取り調べの呼び出しも突然の場合が多いです。豊田市の足助警察などの警察による急な捜査にあわてないためには、事前に必要な準備をしておく必要があります。
  • 事前に名古屋・愛知の刑事事件の証拠を収集し、将来の裁判に備える。
    設楽警察など警察が名古屋・愛知の刑事事件の捜査に着手しても、直ちに逮捕される訳ではありません。しかし、一度設楽警察などの警察に逮捕されると、しばらくは自由に動けなくなります。そこで、自由に動ける間に、ご依頼者様に有利な証拠は弁護士に手渡し、刑事裁判で使えるように記録化しておくことが有効な場合があります。また、この間に関係者から事情聴取し、弁護側で事件に関する供述書を作成し、証拠化してしまう場合もあります。
  • 名古屋・愛知で刑事事件になる前に、相手方と示談を締結して解決する。
    名古屋・愛知の刑事事件の被害が受理されてから新城市の新城警察などの警察が動くまでの時間に、弁護士を通じて被害者側と示談を締結することで、事態が好転することがあります。被害者の方の中には、事件直後は憤慨し、新城市の新城警察などの警察に被害届を出していても、数日で気が変わる場合も少なくありません。名古屋・愛知の刑事事件で被害届をそのまま放置しておけば、警察は捜査に着手し、逮捕などの強制捜査に踏み切り可能性がありますので、アトム名古屋の弁護士を通じて相手方と示談を締結し、新城市の新城警察などの警察にその旨を説明して、事件の解決を理解してもらうことが有効な場合があります。

名古屋・愛知の刑事事件で弁護士に依頼した場合のメリット

  • ① 名古屋・愛知の刑事事件で不当な逮捕を阻止できる。
    名古屋・愛知の刑事事件で逮捕の前から弁護活動を開始することで、逮捕自体を防ぐことができます。例えば、ご依頼者様が名古屋・愛知の刑事事件で無実の容疑をかけられている場合は、捜査機関に対し、ご依頼者様の容疑がえん罪であることを証拠に基づき合理的に説明し、誤認逮捕を阻止します。仮にご依頼者様が実際に犯罪を行っていた場合でも、捜査機関が介入する前に、アトム名古屋の弁護士を通じて被害者と事件が円満解決すれば、逮捕を防ぐことができるケースが多くあります。
  • ② 名古屋・愛知の刑事事件で不当な捜査活動に対して抗議できる。
    名古屋・愛知の刑事事件で捜査の初期から弁護士にご相談頂くことで、弁護士が捜査全体の様子を把握することができます。これにより、警察の捜査手法に問題がある場合には、関係当局に対して抗議するなど、事件に応じた迅速・適切な対抗手段を講じることが可能です。不必要な身柄拘束や、過度に広範囲に及ぶ家宅捜索など、アトム名古屋の弁護士が付くことで防ぐことができる不当捜査は少なくありません。
  • ③ 名古屋・愛知の刑事事件で弁護士が取り調べの対応をアドバイス。
    名古屋・愛知の刑事事件に限らず、取り調べは、密室である警察署の取調室で行われます。不慣れな環境で一人取り調べを受けなければならない状況は、ご依頼者様に大きな負担となります。刑事事件の専門家である弁護士に事前にご相談いただくことで、捜査の状況を見極め、どのような取調べがなされるかの見通しを立てることが可能です。また、アトム名古屋の弁護士からアドバイスを受けることで、ご依頼者様は事件に応じた適切な対応を取ることができ、取り調べに応じる不安も軽減されます。

名古屋・愛知の刑事事件で弁護士に依頼する場合の注意点

名古屋・愛知の刑事事件の被疑者の側が取るべき防御手段は、捜査機関側の捜査の状況に応じて変わります。そのため、適切な対応を取るためには、リアルタイムで得た弁護士のアドバイスに基づく必要があります。本やインターネットで得た情報に基づき自己判断で対応すると、事件を複雑化し、ご依頼者様にとって不利益になる可能性もあります。アトム名古屋では、刑事事件の専門事務所として、犯罪捜査に対するリアルタイムでのアドバイスを心がけているため、年中無休・24時間体制で法律相談のご予約を受け付けています。まずはお気軽にアトム名古屋にご相談ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。