アトム刑事弁護24時間ホットライン 0120-631-276 法律相談24時間受付無料 無料相談あり 詳しくはこちら

名古屋の刑事事件 弁護士 お悩み解決プラン

このページはこのような方を対象としています。

  • 息子が振り込め詐欺の受け子をしたという容疑で、名古屋市中川区篠原橋通にある中川警察署に勾留されています。警察の人からは接見禁止が付いていると言われ、面会に行くことができません。息子の様子が心配ですので、面会に行けるようにしてほしいです。
  • 夫が高校生の女の子と金山総合駅付近のホテルで援助交際をしたという児童買春の容疑で名古屋市中川区篠原橋通にある中川警察署に捕まっています。夫に部屋着や本などを差し入れたいのですが、接見禁止が付いています。差し入れできるようにならないでしょうか。
  • 会社員の息子がJR東海道線熱田駅近くで大麻を譲り受けた容疑で、名古屋市熱田区横田にある熱田警察署に留置されています。息子は容疑を否認しているようで、接見禁止が付いています。息子の妻も心配していますし、会社のこともありますので、面会できるようにしてほしいです。

相談「留置場で面会して欲しい」

  
留置所で面会したい・手紙を差し入れたい → アトムに頼んで円満解決

名古屋・愛知の刑事事件でもご安心ください。アトム名古屋の弁護士なら、ご依頼者様と愛知県警の警察署などの留置場で面会します。

家族の方などが面会することを「一般面会」といいます。裁判官が面会を禁止するとの処分をしなければ、この一般面会ができます(少年の場合は、面会禁止の処分が出ていても、ご両親に限っては面会が許されるのが一般的です)。しかし、名古屋・愛知の刑事事件で豊橋市の豊橋警察などの警察に逮捕されてすぐの段階では、日中は検察庁や裁判所に連れて行かれるため、裁判所に行った日の次の平日までは面会できません。また、裁判官が「一般面会を禁止する」という処分をした場合には、そのあともずっと面会することができません。さらに、豊橋市の豊橋警察などの警察で面会できる場合でも、一般面会には時間や人数など様々な制限があります。
しかし、アトム名古屋の弁護士であれば夜間や休日であっても面会が可能ですし、裁判官が面会を禁ずる処分をしても弁護士は会うことができます。

アトム名古屋の弁護士なら、名古屋・愛知の刑事事件の依頼を受けている場合はもちろん、契約前であっても、豊橋市の豊橋警察などの警察の留置場に出張してご依頼者様と接見し、ご家族に様子をお伝えすることができます。

名古屋・愛知の刑事事件で面会・差入れの流れ

  • まずは名古屋・愛知の刑事事件でお困りのご依頼者様のご要望をお聞きします。
    アトム名古屋の弁護士が面会や差し入れを代行する際は、まず、名古屋・愛知の刑事事件の法律相談かお電話にて、ご依頼者様のご要望をお聞きします。遠方に在住の場合やお仕事の都合がつかない場合など、お電話でも初回接見を受け付けています。衣服や手紙を差し入れたい方は、事務所までご持参ください。
  • 名古屋・愛知の刑事事件専門の弁護士が直接、留置場に出張します。
    面会や差し入れの代行は、アトム名古屋の弁護士が直接田原市の田原警察署などの警察の留置場に出張して行います。弁護士が出張することで、土日祝日を問わず、本人と接見室で1対1で会うことができ、その場で今後の見通しなどについても相談にのることができます。
  • 名古屋・愛知の刑事事件の活動の報告と今後の見通しをお伝えします。
    アトム名古屋の弁護士が面会や差し入れを代行した後は、お電話にて、名古屋・愛知の刑事事件の活動の報告と今後の見通しをお伝えします。名古屋の千種警察など警察の留置場内の本人から伝言を預かった場合は、その言伝をお伝えします(ただし証拠隠滅に関する伝言はお伝えできません。通常は、ご家族の健康に対する配慮や、会社の運営などに関する言伝をお伝えする場合が多いです。)。

名古屋・愛知の刑事事件専門の弁護士による接見のメリット弁護士による接見は、一般面会と異なり、多くのメリットがあります。

  • ① 名古屋・愛知の刑事事件専門の弁護士なら、土日祝日、夜間でも、いつでも、いつまでも接見できる。
    一般の方の面会の場合、平日の9時~17時の間で一回15分までとされていることが多く、一日に3組までしか面会ができないのが一般的です。
    これに対し、弁護士が接見を行う場合は、土日祝日・深夜早朝の面会も可能で、時間制限もありません。一日に何人と接見することも可能です(一日に複数の弁護士と、何度も接見することも可能です)。一般の方の場合と比べ、自由度が大変大きく、被疑者やご家族のご要望に応じた柔軟な対応が可能となっています。
  • ② 名古屋・愛知の刑事事件専門の弁護士なら、被疑者と1対1。警察官の立会いがない。
    一般の方の面会の場合、接見する部屋には警察官が立ち合い、会話の内容が記録されます。これに対し、弁護士による接見の場合、警察官はこれに立ち会うことができず、被疑者と弁護士の2人きりの会話には、秘密が保障されています。被疑者は誰に対する気兼ねもなく、弁護士に自由に話しができるので、事件の内容を説明したり、今後の捜査への対応を相談することができます。
  • ③ 名古屋・愛知の刑事事件専門の弁護士なら、面会禁止の制限を受けずに、いつでも接見できる。
    弁護士以外の一般の方は、裁判所から面会禁止の処分が下されれば、一切面会ができなくなります。これに対し、弁護士の場合は、裁判所が面会禁止の処分を下したケースでも、いつでも被疑者と面会することができます。被疑者・被告人には、憲法上、弁護士と自由に面会する権利が強く認められているからです。

アトムの初回接見制度は、非常にスピーディー。とても便利です。

アトム法律事務所では、名古屋・愛知の刑事事件に精通した弁護士が、名古屋の東警察など警察署の留置場まで出張し、本人と面会して、名古屋・愛知の刑事事件の詳細をヒアリングし、法律相談を行うサービス(初回接見サービス)を行っています。アトムアトム名古屋の初回接見は、特にスピードを重視しているため、本契約の締結前に行うのが通例です。この場合、弁護士費用は1回限りの出張日当(及び交通費)のみで、ご依頼者様は着手金を支払う必要がありません。そのため、アトムの初回接見制度は、弁護士に事件を依頼する場合と比べて、非常に便利で、安価です。また、スピーディーに対応するために、ご依頼受付のお電話は年中無休・24時間体制で直接スタッフが受け付ける体制を取っています。

名古屋・愛知の刑事事件で弁護士に依頼する場合の注意点

名古屋・愛知の刑事事件で警察に逮捕され、留置場や拘置所に入れられてしまった被疑者の方は、大変心細い思いをし、自分の味方は誰もいないのではないかという心境に追い込まれます。その結果、自己の正当な権利も主張せず、犯した罪以上の容疑を認めてしまう場合もあります。 そのため、できる限り早い段階から、精神的な支えとなる存在・自己の権利について法的アドバイスをする専門家の存在が不可欠となります。特に、逮捕直後の接見は、今後の捜査への対応を決めるためにも、大きな意味を持ちます。
したがって、名古屋・愛知の刑事事件で弁護士に面会を依頼する場合は、ご依頼者様の事件に適したアドバイスができる経験豊富な弁護士であること、加えて、必要ならば時間を問わず接見に駆けつけるような、迅速な対応ができる弁護士を見つけることが大切です。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。